最短で即日現金化できるファクタリングはメリット大!

subpage01

企業が製品を作り販売・納入すると、納入先に対して売掛債権が発生します。

当初の契約内容にもよりますが、売掛債権は3〜6ヵ月後の代金の支払いの約束を行なうものですので、すぐに製品が売れたとしてもその代金は3〜6ヵ月後の後払いになります。

アンカーガーディアン えんナビ

そのため製品を売った企業は、その間財務的にはマイナスの状態で、耐力のない中小企業などは資金繰りが厳しくなります。

この状態が長く続くと何らかの理由で出費を迫られた際、資金ショートに陥りやすく、売上げが好調にも関わらず黒字倒産になってしまう可能性があります。



このように、売掛債権を多く持っている状態であった場合、その債権を売って現金化することをファクタリングと言います。
このファクタリングサービスを行なっている会社を利用すると、数ヵ月後に支払われる債権を前倒しして、最短で即日現金化できますので、資金調達に苦しんでいる場合、手数料を払ってでも利用するメリットがあります。
このように販売が好調でも資金調達が遅れると悪い財務状態と見なされ、銀行などの金融機関は審査の結果、お金を貸してくれなくなります。

ファクタリングサービスを利用すると、一時的に財務状態が回復しますので金融機関の審査も通りやすく、また金利の高いノンバンクを利用しなくても資金調達の目的を果たせることになります。



ファクタリングを利用すると、最短で即日の現金化が可能です。
このスピーディーさだけでも十分メリットですが、製品を販売した会社が万一倒産したとしても自社に影響が及ばない点もメリットになります。

手数料を払って売掛債権を売った時点で債権はファクタリングサービスを行なっている会社に移っていますので、影響が及ばないのです。


手数料が高いと考える向きもありますが、最短即日に資金調達でき、回収不能の危険性を回避できることは大きなメリットとも言え、うまく利用することで円滑な会社運営を行なうことが可能になります。