身元保証は代行をすることが可能かについて

subpage01

身元保証の代行は本人に成り代わって行うことですが、本人のみができることとなります。

そのため身元保証では本人の確認とその意思表示を必要とし、代行で行うことができない性質を持っております。こうした保証は一般的には就職や賃貸住宅の入居に必要とされ、他にも高齢者の介護施設の入居や福祉施設の入居などにも必要とされます。

身元保証の代行情報の公開中です。

就職の場合には会社に内定が決まった段階でその書類を提出すれば良く、保証契約が締結されることとなります。

よくありがちなのが就職時などで、自分の身近な方に保証人が存在しないケースもあり、そういった場合の問題が発生することも多いです。さらに近年は一人暮らしの高齢者の方の割合が増えていく傾向が見られ、そのため身寄りのない高齢者が介護施設などの入居で保証人を付けられない問題もあります。


こうした保証人を付けることができない事情がある場合には、身元保証を代行する民間のサービス会社が存在するため、それを活用することができます。ただ無料では利用することができず、保証料を払う必要もあるため、その分の費用負担を覚悟する必要があります。



身元保証を代行する会社に依頼した場合、個人が保証するよりも就業する会社としては安心できるのがメリットです。

ただ事前に会社に保証人の件で相談することが必要であるため、身元保証の代行会社に依頼しても良い場合は積極的に利用することが望ましくなります。



他にも役所などでもそういった相談に乗ってくれる機関も存在するため、その窓口で情報や紹介を受けたりすることも可能です。