ED治療の専門家と看護師

EDの原因と海外の薬を手に入れる方法

  • 2016年09月15日

EDの原因は病気やストレスなので、これらを取り除くのが根本治療の目的となるのですが、現在では薬を服用するだけで勃起を維持することができるので、世界的に勃起治療薬の需要が高くなっているので日本でも簡単に手に入れることができるようになりました。病気によるEDは動脈硬化や糖尿病によって血管が老化することが直接の原因で、血管の働きが弱くなることで、ペニスの血液の流れが悪くなって勃起を維持することができなくなります。また糖尿病は進行すると神経障害が出るので、ペニスの感覚が鈍くなることでEDになることもあります。これらの病気に関しては治療することが重要ですが、勃起改善薬を服用すると勃起することができるので、必ずしも原因となる病気を完治させる必要性はありません。精神的なストレスが原因のEDに関しては、休養をとるだけで完治する場合がありますが、慢性的な症状になっている場合には勃起治療薬を服用するのが一般的で、薬を服用することでセックスをするときに緊張や不安がなくなるのでリラックスをしてセックスに集中することができます。日本の医療機関で購入できる勃起治療薬は1錠あたり1500円から2000円なので海外で販売されているジェネリック医薬品を購入する人も増えつつあります。個人輸入を利用すると海外で製造されたジェネリック医薬品を購入することができるので、1錠あたり300円から500円程度で手に入れることができます。しかし主にインドで製造されていますが、輸送中に偽物が混入することが多いので、海外から購入する場合には注意が必要で、薬に関しては見ただけでは偽物と本物の区別がつかないので、有効成分が確実に入っているものを購入しなければなりません。