身元保証会社を利用するには

subpage01

契約をするさいには身元保証を行う必要があります。身元保証を行うのは保証人などになり、保証人には親類や親しい知人を用意する必要があります。
しかし、保証人になるということは相応の責任を分担することになり簡単には保証人となってもらうことができませんし、また親類でも核家族化によって難しく、知人ともなるとその性質上断られることも多く難しいといったケースがほとんどで、保証人が必要になると保証人を探すことが最大の障壁になります。

さらに独身で高齢者になった場合には子供に保証人になってもらうといったこともできませんから、身元保証がますます難しくなります。

身元保証の会社の情報を提供しているサイトです。

このような時に保証業務を行うのが身元保証会社です。



この会社の役割としては保証料を支払うことによって保証人となってもらうということです。賃貸住宅の保証会社と似た性質のものですが賃貸だけでなくあらゆる身元保証を受けられるのが特徴です。
保証料の仕組みとしては会員になる必要があり、会員登録料が必要なケースがほとんどです。


会員になると受ける保証によって保証を受けます。



基本的には会員の期限があり1年程度であれば1万円ですが、老齢者向けのサービスでは恒久的な保証を受けるためには100万円近い会員登録が必要です。


また保証の内容は賃貸物件の保証人のほか就職するさいの保証人などがあります。


保証料の相場としては3万円程度ですが、一般的な業種やアルバイトなどは比較的、低く設定されているところも多く利用しやすくなっています。